ハイヤードライバー採用に必要な心構え

subpage01

ハイヤードライバーを目指す上で、運転技術や地理の知識はもちろんのこと、重要視されるのが「ホスピタリティ」、おもてなしの心です。

様々な分野のハイヤーの採用情報探しならこちらをご確認下さい。

ハイヤーは地上を行く交通機関としても最上級の格式高いものとされています。利用される方も、VIPや国賓クラスの方、経営者などエグゼクティブ層がメインとなります。

単なる送迎ではなく、移動中の時間をも最高のおもてなしを提供するのが仕事です。
実は採用試験が難関なことも知られていますが、礼儀・マナーはもちろん、高級ホテル並み、もしくはそれ以上のホスピタリティ精神が養え、力がつくことは間違いありません。採用試験を通り、晴れてハイヤードライバーとして採用されてからは、離職率も断然低く安定して続けられる仕事として人気の職種です。
また、同時にお客様からも厚い信頼を得ることが必要なハイヤードライバー。



場合によっては、契約前にお客様からドライバーを面接されることもあるほどです。



毎度の信用の積み重ねがリピーターとしてご指名頂ける最短の近道となります。

信用を頂くには、ご利用いただくお客様の趣味嗜好を把握し、音楽やラジオのチャンネル、会話や走行速度、室内温度や香りまでも一人一人に合わせカスタマイズする、と妥協せず細部にまでこだわり抜く必要があります。

それも、すべてはお客様を思うもてなしの心から。

快適に目的地までお過ごしいただきたい、その思いを一番に持つことが、ハイヤードライバー採用に必要な心構えです。