会社勤めをしている人、アルバイトやパートをしている人は必ず出社した時にタイムレコーダーを利用して時刻をタイムカードに記録し、退社時も同じようにタイムカードに時刻を記録します。

タイムカードは日々の勤怠管理に利用するもので、1日の所定労働時間を満たしているのか、残業がある場合は何時間仕事をしたのかなどをチェックしたり、遅刻や早退などの有無のチェックなどを行う時に利用します。
また、チェックや集計は給料に反映すると言う大切な業務であり、特に残業時間の集計は正確さが要求されます。



しかしながら、タイムカードによる勤怠管理と言うのは、人が行う作業になるため工数が多くかかることになります。



そこで最近は勤怠システムを導入する企業が増えており、勤怠システムを導入する事で勤怠管理における工数を大幅に削減する事が出来るようになります。尚、勤怠システムは紙のタイムカードではなくICカードなどを利用して打刻を行うのが特徴です。タイムレコーダーにタイムカードを挿入すると、挿入した時刻をタイムカードに記録が行われることになりますが、勤怠システムの場合はICカードをハードウェアにかざす事でICカードに記録されている社員情報と時刻情報をコンピュータに保存する事が出来ます。


保存されたデータは自動的に集計が行われることになるため、タイムカードをチェックする必要も有りませんし、残業時間を集計すると言った作業が不要になるため、勤怠管理にかかる工数の削減が出来ると言う事です。

ガジェット通信が今、話題になっています。