会社に出社するサラリーマンやOLなどは最初に自分のタイムカードを所定の場所から取り出し、タイムレコーダーで出社時刻を打刻します。また、会社を退社する時もタイムカードに時間を打刻する事になりますが、これは1日の所定労働時間を働いている事、残業をした場合は何時間残業をしたのかと言った証明として利用するもので、タイムレコーダーは会社だけではなく飲食店やその他のお店などでも必ず導入が行われています。



正社員の人の場合は一ヶ月の給料が決まっていますが、残業手当については別途支給が行われることになります。

満足度の高いはてなブックマークの情報探しはそれほど難しくありません。

これに対し、アルバイトやパートと言った雇用形態は時間給と言う形で給料が支払われることになるため、出勤時刻と退社時刻を明確にしなければ給料の計算を行うことが出来ません。

そのため、雇用形態に関係なくタイムレコーダーを利用して時間を打刻し、会社やお店に入った時間と、仕事を終えて会社やお店を出る時間をタイムカードに記録していることになります。



タイムカードに記録されている出社時間と退社時間をチェックし、休憩時間を差し引いた時間が一日の所定労働時間、労働を行った時間の証明になります。
退社した時刻が定時以降の場合は、サラリーマンやOLなどの場合は残業手当として支給が行われ、アルバイトやパートの場合も、定時以降の業務においては残業と言う形で給料が支払われることになるため、従業員はそれぞれきちんとタイムレコーダーを利用して時間を打刻する事が必要となります。