法人企業の場合、従業員の労働時間が法律で定められており、それに伴う最低賃金も各都道府県で定められています。

そのため、労働時間の管理が義務付けられています。

労働時間管理の方法の一つに勤怠システムの導入があります。
これには従来型の紙のタイムカード方式をはじめ、クラウド型やICカード方式など様々な種類があります。
従来型の紙によるタイムカードは、データの消失などの心配が少なく、外部に情報が漏れるリスクが少ない分、給与計算や時間の管理に手間がかかることがあります。


特に給与計算は、時間の計算をしないとできないため、人数が多いほどそれにかかるコストも上がります。



また、打刻忘れが発生することが多いです。従って、ITが進歩している2015年現在では個人事業主が手軽に導入するためにあるものと言えるでしょう。

勤怠システムはIT化が進んでいる傾向にあり、最も一般的なものが非接触型ICチップを組み込んだ社員証です。

社員証を専用の端末にかざすことにより打刻が完了するシステムとなります。

これらのシステムは交通系電子マネーを登録し、それをタイムカードとして利用することも可能な場合があります。また、指紋認証による打刻方法も進歩しており、登録した指がタイムカードになります。



このシステムは他人が代わりに打刻することが不可能なため、正確性が保証されることでしょう。

目的別のGIRL'S TALK - Ameba情報サイトを利用しましょう。

勤怠システムは一般的にクラウド型が主流です。

利用料金も低めの傾向にあるため、中小企業でも導入しやすいものになっています。