ハイヤーの運転手に採用されるには - ハイヤーの運転手に採用されやすい人

ハイヤーの運転手に採用されるには

subpage01

ハイヤーの運転手に転職を考えている方に、どのような人物が採用されやすいのか記述してみたいと思います。

目的に応じてハイヤーの採用情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

そもそもハイヤーとはどういう乗り物でしょうか。



タクシーと同じ旅客自動車ですが、黒塗りの高級車を用いて主に会社役員や政治家などの社会的に地位の高い方を送迎する乗り物です。
一時間あたりいくらの時間制運賃を採用していますが、ほとんどの場合は顧客との契約料金になりますのでその場で現金のやり取りはありません。ハイヤーの運転手はレベルの高い運転技術が求められます。

タクシーであれば一回乗せたお客さんを再び乗せることはほとんどありませんので、少々荒い運転であってもその場かぎりと納得してくれます。



ハイヤーは顧客との契約であるためお互い素性がわかった上で乗車します。


何度も乗せることがあるお客さんなので荒くて危険な運転をしたらクレームになってしまいます。

安全運転ができる心の余裕がある人、周りの交通に気を配ることができる人が採用されやすいでしょう。タクシーは目的地に早く送ればそれで良しですが、ハイヤーは目的地に到着するまで過ごす車内空間も大事なサービスのひとつだと考えます。特別お客さんに営業トークなどをする必要はありませんが、お客さんが望むことを感じ取れる感性は必要かもしれません。

テレビやラジオの音量やチャンネル、エアコンの温度や換気、荷物を運んであげたり、好みのルートや交通の流れなど気を使うところがいろいろあります。